皮膚科まかせはNG

思春期ニキビを治したくて病院の皮膚科にたくさん通いました。どこもビタミン剤を処方し、乾燥させて清潔にする治療法でした。お医者さんのアドバイスに従うことは大切ですが任せきりにするのは問題です。

ニキビで通った皮膚科あれこれ

小学校のころ平気だったので、中学校になって急にできはじめたニキビに戸惑う日々

とはいっても部活に熱中していたので、ケアは中途半端。

病院に行ったのも近所の皮膚科が中心でした。

それも近所の人に見られないように、隠れるようにちょっと遠くの個人医院へ。

この行動自体がコンプレックスの現れだったんですが、中学生の自分はとにかく嫌な気持ちでいっぱい。

当時はとにかく話題にしたくなかったし、通っているのを人に見られたくもありませんでした。

どこの皮膚科も治療は「乾燥」中心

管理人はいくつか通ってみたのですが、どこの皮膚科でも治療方針の基本は同じ。

お医者さんは「二キビは清潔にするのが一番!」と言っていました。
ただこの頃のお医者さんは「乾燥させて治す」ことに主眼を置いていたんですね。

もちろん清潔にするのは良いのですが、肌質にあったやり方が大切だったんじゃないかと今は思います。

常に乾燥させるというのは、言い換えれば素肌から潤いを奪い、砂漠のような肌にするということ
管理人の意見ですが、何でもかんでも乾燥させるというのは、必ずしも正しい二キビケアとは言えない気がします。

乾燥させる=正しいニキビケアとは限らない

もちろん思春期の学生さんは管理人のように油っぽい肌をしている人が多いと思うので、言っていることはわかるんです。
実際、炎症を起こしたり、潰れたりすれば、ひどい肌になってしまいますし。

でも、乾燥させて炎症を一時的に鎮めても、お肌のバランスが悪いままでは結局、治らないんですね。

重要なのはお肌の水分と油分のバランスで、どちらかだけというのは逆に問題なんです。

やみくもに治療していた頃の管理人のお肌の「水分量」は、本当に酷い状態だったと思います。

ベストな方法は人によって違います

管理人の場合は、部活動で年中、日に焼けて真っ黒になっていたので、まずはここから対策をとるべきでした。

学生で基礎化粧もろくにしないし、その状態で薬を塗って紫外線を受ければ、ひどい状態になるのはあきらか。

皮膚科のお医者さんからも、指摘されてはいたのですが、あまり気にも留めず、ただ治してもらおうと思ってました。

この受け身の姿勢も問題だったんです。

自分なりのスキンケアが治る早道!

素肌の問題の当事者は管理人で、にきびは管理人の問題なのですから、管理人が積極的に治そうと努力しなければダメ

この頃、通った皮膚科のお医者さんが悪かったとは決して思いません。

ただお医者さんは治してくれるのをサポートするだけ、あくまでも治すのは管理人だったんです。

当時は凄く子どもだったとはいえ、お医者さんに文句ばっかり言って従わなかったのを、今は反省しています

関連記事一覧