治療の基本は!?

管理人がかかった病院で行っていたニキビ治療の基本は薬を塗って乾燥させることでした。皮膚科やクリニック、エステなどを利用するのも良いのですが、むやみにお医者さんや医薬品に頼るのは考え物です。新陳代謝を阻害しない生活を心がけ、禁煙や食生活の改善、基礎化粧品や日焼け止めなども工夫しましょう。

治療の基本はニキビ薬だけど…

私が病院で受けた二キビ治療は、ビタミン剤に乾燥系?のクリーム・塗り薬を塗るようなものが中心でした。

いくつか違う病院に通ってみましたが、どこも治療内容はあまり変わりません。

市販のクレアラシルのような黄色い粉っぽい塗り薬は、塗ると確かに少し効果がある感じ?

でも、炎症はちょっと良くなっても、お肌は常に粉を吹いているような状態なんですよね。

これって、友達や他人から見れば、何か塗ってるな、ってことが丸わかり
思春期の頃は意識していると思われるのがイヤで、この手の薬をもらっても次第に塗らなくなってしまいました

にきび薬の効果は限定的です。

それにこの頃のお薬は、塗ってもニキビそのものが全然減らないし、効果も限定的でした。

今は新薬の開発も進んで、マツモトキヨシとかドラッグストアでも、もっと良い医薬品が買えると思います。
でも勘違いしないで欲しいことがあります。

そもそも薬だけでニキビを治そうとする方が間違ってるんです。

むしろそれだけでお肌の病気=にきびが治るのなら、それは強すぎる薬だということ。
危険すぎて日本では処方してもらえないし、今後のお肌のことを考えるなら、違うアプローチを考えましょう。

新陳代謝を阻害しない治療法を!

お肌は生きているので新陳代謝しています。

強制的に乾燥させれば、この新陳代謝を阻害し、ニキビは治まっても肌自体が老化したりダメージを受けるんです。

にきびという1つの問題を解決するために、お肌全体をダメにしてしまっては、何もかもが台無しです。

重要なのは食生活や生活習慣、学校や職場など日常の環境を踏まえた上での総合的なスキンケアです。

素肌が本来持っている自然治癒力を引き出す方向で、治療しなければダメなんです。

具体的な対策を個別に立てる

ニキビ薬だけでなく、皮膚科やクリニック、エステなどを利用するのはもちろんOK!

でもその前に、原因を特定して一つ一つ対策を立てることもできると思います。

思春期ニキビ、大人ニキビの双方に言えることですが、まずはストレスとか喫煙、睡眠の問題を何とかしましょう。

医薬品にむやみに頼るのではなく、日常の生活の中からスキンケアの努力をするのが大切です。

日焼け止めを塗ったり、化粧水とか保湿クリームを利用したり、自分でもこつこつ努力しましょう。

薬にむやみに頼らない。これは面皰(にきび)に限らず、どんな病気でも言えることだと思います。

関連記事一覧