思春期にきびと大人の違い

子供の頃の思春期ニキビと大人になってからできるにきびでは、できる理由がぜんぜん違いますよね。思春期は成長期のホルモンバランスの崩れが主な原因でした。一方、大人のにきびは生理不順などのホルモンバランスの乱れだけでなく、お化粧やストレスが原因のことも。アクネ菌は誰でも持っている菌なので自然に治すためにも適切なスキンケアが大切です。

思春期ニキビは成長期が原因

思春期ニキビの主な原因である皮脂が多く出過ぎる理由は、成長期になってホルモンが過剰に分泌されるようになってしまったから。
小学校高学年や中学生、高校生でニキビに悩まされる人が多いのはこのためです。

にきびと関係しているのは男性ホルモンですが、実は男性ホルモンは女の子にもあるものなんです。
なので女性も思春期にきびに悩まされるんですね。

思春期ニキビケアは最低限のスキンケアから

そもそも皮脂は毛穴の中にある皮脂腺で作られ、皮膚の表面を保護したり、お肌に潤いを持たせています。
しかし成長期の過剰分泌などでホルモンバランスが崩れると、分泌量が多くなり過ぎ、循環のバランスが崩れます。
その結果、皮脂が毛穴に詰まりやすくなり、ニキビとなってしまうのです。

自然治癒力も高いので規則正しい生活を!

同じ年代でもにきびのでき方に差がある理由は、親がもともとオイリー肌だったりする遺伝によるところが大きいです。
しかも学生のころは部活に熱中したり、日光の紫外線をがんがん浴びてお肌を傷めながらもスキンケアをきちんと考えない人ってけっこういます。

学校や部活、受験でのストレスもホルモンバランスの乱れの原因になりますし、まれに未成年の喫煙なども考えられます。
タバコは問題外ですが、それ以外のものは意識していれば学生さんでも十分に対応可能なものです。

きちんと対策をすれば、治りが早いのも思春期ニキビの特徴!
ここで正しい知識を学んで早く治していきましょう。

アダルトニキビはお化粧も原因の1つ

アダルトニキビの場合も思春期と同じく原因はホルモンバランスの崩れです。
しかし大人の場合、学生の頃とはバランスが崩れる理由が違ってきます。

大人ニキビは職場環境のストレスや、便秘や生活リズムの乱れが主な原因。
それに生理なども原因としてあがってきます。

また悪い油を使った安い化粧品や化粧水、ファンデーションが原因になることも。
自分に合わない化粧品を使うことで、にきびを悪化させてしまうこともあるんです。

汚れで毛穴が詰まるのとまったく同じで、化粧によって皮脂が毛穴から出てこられず、詰まってしまうなんて最悪ですよね。

大人ニキビを早く治すには適切なスキンケアを

思春期でも大人でもいったん皮脂が毛穴につまってしまうと、後の過程は同じです。
細菌が繁殖して炎症を起こし、ニキビとなります。

このニキビを起こす細菌を一般に、二キピ菌、もしくはアクネ菌と呼びます。
ニキビ菌はもともと誰でも持っている常在菌なので、無くすことは不可能。

普段は無害なのですが、毛穴に皮脂が溜まるととたんに問題を起こすのです。

ニキビ菌=アクネ菌は誰でも持っている

ニキビの無い美しい肌をしている人でもアクネ菌は持っているので、菌を全て殺すことはできません。
ニキビを治すには、まずは原因を探り当て、ホルモンバランスを正常に戻すこと。

自然治癒力によってお肌の正常な循環を取り戻すことが大切なのです。

ただし大人は中学生や高校生の若者と違い、自然治癒力が落ちています。
女性はお化粧をしたりする機会も多いので、きちんと自分にあったスキンケアをこころがけましょう。

関連記事一覧