ニキビ肌ならお化粧を!

「ニキビ肌の持ち主は積極的にお化粧しましょう!」これがニキビケアの新常識です。お肌が荒れている状態だからこそ、適切なスキンケアが大切です。紫外線や乾燥などの刺激からお肌を守り、これ以上ダメージを与えないことが大切です。お肌が荒れている状態だからこそ、化粧水や乳液などにこだわりましょう。

ニキビ肌こそ、お化粧しよう!

「二キビができたときにはいじらないこと」「お化粧は禁物!」

こんな古いニキビケアの常識に振り回されていませんか?

もちろん不潔な手でいじったり、肌質に合わない化粧品をごてごてと塗りたくるのはNG!

しかしニキビケアの新常識は、「にきびだからこそお化粧にこだわろう!」という逆転の発想なのです。

これまでの常識の間違い

  1. お肌にファンデーションはつけない
  2. 口紅やアイメイクなど素肌以外の部分にのみメイクする
  3. 軽いポイントメイクを心がける

これまでのニキビとお化粧の常識はこんな感じでした。

ニキビ肌の持ち主がどうしてもお化粧をしたかったら、とにかく軽いメイクが薦められていました。

それはニキビ肌の持ち主は、厚塗りのお化粧で誤魔化そうとする人が多かったからです

また昔は質の悪い品物も多く、ニキビケア専用の化粧品などもほとんど販売されていませんでした。

その結果、にきびを厚塗りでカバーしようとして、さらに肌を痛める人も多く、にきびに化粧は御法度とされたのです。

にきびの新常識は肌を守る積極メイク

  1. ニキビ肌でもきちんとファンデーションを塗る
  2. ノーメイクはタブー! 外部の刺激から素肌を守れません 。
  3. 洗顔料や化粧水、乳液までトータルでメイクアップする 。

新常識はお化粧をきちんとすることを推奨します。
むしろニキビがある人ほど、お化粧にこだわるべきなんです。

特に長時間肌に触れる化粧下地(コントロールカラー)やファンデーションなどにはこだわる必要があります。

クレンジングや化粧水、乳液などの基礎化粧品も含め、ニキビケア用の質の高い製品を選びましょう。

ニキビケア専用化粧水や美容液にこだわろう!

ノーメイクで外に出ることほど、お肌にとって危険なことはありません。
外は太陽の紫外線が降り注いでいるのでUV対策が欠かせません。

日光だけでなく、排気ガスによる空気汚染、乾燥などもお肌の大敵。

UV化粧品(日焼け予防剤)をきちんとつけて、お肌を外部の刺激から保護しましょう。

一番いけないのが洗いざらし

ほとんどの社会人女性にとって、ノーメイクで外出することは、とても恥ずかしいこと。

思春期の女の子でも、周りがメイクを始めていたら、自分もきちんとしたいと思うものです。

ニキビ肌だからといってノーメイクを通していたら、メイクを学ぶ機会も失われてしまいます。

裸の肌を無防備にさらすのは一刻も早くやめて、質の良いメイクを始めるべきです。

中高生の女の子だけでなく男の子も、ニキビケアのためにせめて化粧水や乳液でお肌を守ってあげてください。

関連記事一覧