にきびの原因は何?

思春期と違って大人のニキビは原因も治し方も違います。大人と子供ではホルモンバランスの乱れを引きおこす原因が違いますし、肌質も成長と共に変わってきてしまうからです。背中やあごにできるニキビは、使っているシャンプーや化粧水が原因となっていることも!一つ一つ原因を探っていき、自分の肌質にあった方法で治していきましょう!

ニキビの原因は大人と子供で違います。

ニキビと本格的に闘っていくためには、にきびについての正しい知識や正確な医療情報が必要です。
ニキビの原因ごとにぴったりのスキンケア方法を詳しく知っていれば、にきびを早く治せます。

ここではニキビがなぜできてしまうのか、その理由を説明していきます。

ニキビケアのウソ・ホント

思春期ニキビと大人ニキビではできる原因も、出来方も、治し方まで違ってきます。
たとえば大人になると同じニキビが、あばたや吹き出物と呼ばれますが、それには原因が。

症状としては同じにきびなのですが、思春期に出来るにきびと、アダルトニキビでは原因や出来方、治し方が違うんです。
呼び方が違うのには揶揄以外にも相応の理由があったんですね。

ニキビは年代によって対処法と原因が異なる

思春期ニキビの主な原因は、成長期特有の皮脂の過剰な分泌です。

これには成長期だからこそ起こるホルモンの過剰によるホルモンバランスの乱れが大きく影響しています。

しかし成長が止まった大人にもニキビが出来るのは何故でしょう?
そこにはいくつもの深い理由が隠されているのです。

アダルトニキビと思春期ニキビは全く別物
  1. 思春期にきびの原因 … 成長期の過剰分泌によるホルモンバランスの乱れ
  2. 大人ニキビの原因 … ストレスや便秘、生理などによるホルモンバランスの乱れ

大人ニキビの原因もホルモンバランスの乱れが主な原因ですが、こちらはストレスや便秘などの生活条件が大きく影響しています。
食生活や睡眠時間、女性は生理不順もお肌の状態に大きく影響しますよね?

時には背中やあごにできるニキビは、使っているシャンプーや化粧水が原因となっていることも!

一つ一つ原因を探っていき、トータルでニキビを治していきましょう!

関連記事一覧