赤・黒・白3つの種類

にきびの種類は炎症の段階によって分けられます。基本は「白」<「黒」<「赤」の3つ。初期の毛穴が詰まった「白」いコメドからはじまり、表面が汚れてしまったものが「黒」の状態。炎症が進んでしまうと「赤」く化膿してしまいます。膿むと「黄」色になったりもします。跡を残さず治すには早めのスキンケアが大切です。

ニキビの種類は「白」「黒」「赤」の3つ

二キビの種類は、思春期ニキビと大人ニキビといった年代によるものだけではありません。

状態と色によって、「白ニキビ」、「黒ニキビ」、「赤ニキビ」の3つに大きく分けられます。

これはにきびの色そのものと毛穴の詰まり方、炎症の程度によって分けたものです。

白ニキビ=毛穴が閉じて詰まった状態

白ニキビは、毛穴が閉じて詰まった最初期のにきび。

毛穴が詰まった初期のニキビを「コメド」と言いますが、白ニキビはこのコメドの1つです。

中が皮脂によって膨らんでいるのに、毛穴が閉じているので、皮膚が白く盛り上がってしまっています。

黒ニキビ=毛穴が開いて中が詰まっている状態

黒ニキビは、毛穴の上は開いているのに、汚れや皮脂であいかわらず中は詰まったままになっている状態です。

コメドの先端が汚れて酸化し、黒っぽくなっているのが特徴です。頭だけ出ている状態ですね。

鼻によくできるニキビで、白ニキビと同じく毛穴に古い角質や皮脂がつまっています。

赤ニキビ=炎症が進んだ状態

赤ニキビは、お肌の炎症が進んでしまった状態を指します。

このまま放っておくと、化膿し、毛穴の中に白い膿がどんどん溜まってきます。

大きくなると黄色く変色したりし、真皮を傷つけるにきび跡になって残るので、ここまでいたる前に適切なスキンケアが必要です。

ニキビ跡はもう一つの大問題

二キビ跡は炎症がひどかったり、できたにきびを無理やり潰すことでできてしまいます。
跡といっても、赤っぽくなっているだけのものから、メラニン色素が沈着して茶色いシミになったものまで状態はさまざま。

ブツブツ状のあばたや、皮膚が陥没してデコボコになったもの、ケロイド状に盛り上がったものまで、にきび跡には様々な種類があります。

ニキビ跡になって残るかどうかはスキンケアしだいです。

ニキビでも炎症が進み、真皮にまでダメージが及ぶと、肌はデコボコしたままでそれ以上回復しません。これで安定してしまいます。
このような状態になると、元通りの滑らかな肌を取り戻すのは難しいと言えるでしょう。

ニキビが跡になるかどうかはスキンケア次第なので、初期のコメドでの対応が勝負となります。

関連記事一覧