クレンジング剤の選び方

ニキビ肌の人のクレンジング剤の選び方は、ジェル、クリーム、ローションといった洗い流すタイプがお薦め。オイルやスクラブタイプは刺激が強く、拭き取る製品はお肌を傷めやすいので避けましょう。

洗い流すクレンジング剤がおすすめ

現在、クレンジング剤はさまざまなタイプの商品が出ています。

ニキビケアの観点から言えば、お薦めはジェルタイプやローション、フォームタイプといった洗い流すタイプです。
クリームタイプ、乳液タイプもそうですが、これら洗い流すタイプの長所は、お肌への刺激が少ないこと。

クレンジングは基本的に毎日行うものなので、皮膚を痛めないことが重要です。

肌への負担を極力減らそう

基本的には無香料・無着色のものをオススメします。

ただでさえメイクや紫外線などたくさんの刺激でお肌は傷みやすいのです。

おすすめはニキビケア専用の商品ですが、少なくとも洗顔料ぐらいは低刺激のものを選びましょう。

香料、着色料などは肌を綺麗にすることとは無関係である場合がほとんどです。

肌質&季節ごとに使い分ける

  • 毎日の使用…刺激が少ないジェル、ローション、フォーム、クリーム、乳液タイプ
  • 時々の使用…洗浄力が強いオイル、スクラブタイプ

最後にふき取りタイプですが、一般的にいって、ニキビケアの観点からはあまりお勧めできません。

確かに便利で、水を使わずにメイクを落とすことができるので重宝しますが、役割としては中途半端

毛穴に入り込んだメイクを落とすのが難しいため、こすることでコットンで肌を傷つけてしまいがちなのです。

拭き取るタイプは便利でもおすすめしにくい

最近は優れた商品も数多く出てきましたが、一般的に言って汚れを落とす力が弱い傾向があります。

洗浄力が弱いため、小じわやくすみを作る原因にもなり、かといってやりすぎれば跡になって残ってしまいます。

ニキビがある人は、外出先などでどうしようもない場合のみ、緊急避難的に使用するようにしましょう。

自分にとって最適な商品を探しましょう

ジェル、クリーム、乳液タイプ等なら何でも良いかと言えばそうではありません。

他のタイプでも近頃は本当に優れた商品が出てきているので、使い方次第の面があります。

季節の変化や体調の変化、肌質をじっくり見極めて、ここでも自分に合った製品を選ぶことが重要だと言えるでしょう。

もちろん品質と価格のバランスも重要なポイントです。

ニキビケアに取り組む一人一人にとって最適なスキンケア方法は違います。

あなたに一番合ったタイプのクレンジング剤を季節ごとに選び出し、適切な方法で使ってあげてください

関連記事一覧