クレンジングの秘訣

ニキビケアのために最適なクレンジング方法はダブル洗顔をきっちりやること。それに加え、①お化粧は手早く落とす、②毎日欠かさない、③脂浮きがある時は朝も行う。この3つです。メイクが残ったまま上塗りして肌を傷めるのはにきびにとって最悪です。

お肌のために最適なクレンジング方法とは?

今回は若い女性のためにニキビケアのためのクレンジング方法を解説します。
お化粧は肌を塞ぎ、毛穴やお肌に非常に負担をかけます。

そのためお化粧をした後は、専用のクレンジング剤できちんとメイクを落とし、その後に顔の汚れを落とすという2度に分けて顔を洗いましょう。
このメイク落としと毛穴の汚れを落とすダブル洗顔が全ての基本です。

それではニキビケアに最適なクレンジング方法とはどのようなものでしょうか?

お化粧するしないにかかわらず毎日クレンジング!

  1. お化粧はできるだけ早く落とす。
  2. メイクをした日は毎日欠かさずクレンジングする
  3. 脂浮きがある時は朝も行う。

まずメイクは肌に大きな負担をかけるので、自宅に帰ったら早めに落とすようにしましょう。
メイクをしたまま寝た翌日は肌が30日分老けてしまうと考えて下さい。

一番いけないのがクレンジングをしないこと。
汚れや皮脂で状態の悪い肌を、残ったメイクで痛めつける結果になります。

クレンジング剤は基礎化粧品とセットで

メイク落としには低刺激なニキビケア専用のクレンジング剤を使うようにしてください。
一般的なクレンジング剤でも良いのですが、できれば自分に合う基礎化粧品と組み合わせて販売されたものがおすすめです。
ランキングの口コミなども参考にしてみて下さい。

もちろん洗顔料や石けんで洗っても、化粧品に含まれる油分や顔料を落としきることはできません。
化粧品の成分が残ったままでその上からお化粧をすれば、必ずお肌のトラブルの原因になります。
毎日使う物なので、お金と時間をかけて最適な製品を選ぶようにしましょう

季節&肌質でタイプを使い分ける

また化粧品も季節や肌質、用途によって、ジェルや乳液、ローション、オールインワンゲルなど、複数のタイプを使い分けます。
そのため各々の化粧品に合ったクレンジング剤を使い分けましょう。

特ににきびが多くなってしまった場合は、適切な化粧品選びができていない可能性があります。
たとえばニキビ肌には、洗浄力の強いスクラブタイプはおすすめできません。
刺激が強すぎるため炎症がひどくなって、よけいニキビが悪化することも考えられます。
おすすめはニキビケア専用のクレンジング剤と化粧品を複数組みあわせることです。

まずは自分の肌質に合いそうなものから試してみましょう。

関連記事一覧