化粧水の正しいつけ方

基本的な化粧水の使い方は、適量を広く肌に馴染ませていくだけでOK。洗顔後の過剰な皮脂分泌を防止できるので男の子は特に気をつけましょう。付け方にはコットンでつける方法と手のひらで付ける方法の2種類があります。額や鼻筋といったTゾーンから、ほおやあご周りまで丁寧につけていきましょう。

基本的な化粧水の使い方

化粧水をつけるポイントは、適量をしっかり肌に馴染ませること。
量が多いからと言って、保湿が出来ているかと言ったらそうではありません。

むしろムラがあったり、つけ忘れがないように、薄く広くまんべんなく伸ばしていく方が良いでしょう。

目元・頬・口元などテカりやすいところは乾燥しやすいので特に重点的につけるようにしましょう。
ただしこすりつけたり、強く叩くのは禁物 皮膚の薄いところは優しく丁寧にしてください。

付け方はコットンと手のひらの二種類

化粧水の付け方はコットンに化粧水を染みこませて使うものと、手のひらで使う方法の二種類があります。
私はコットンを薦めていますが、どちらも一長一短があるので、両方のやり方を書いておきます。

ただしコットンはけばだっていないかどうかを確認しましょう。
肌を傷つけないように1回1回使い捨てて、新しいものを用意して下さい。

コットンでの付け方

コットンの裏側にまで化粧水が十分染みこむぐらいを目安にします。

片手にコットンを乗せ、指で挟んで固定。もう片方の手で化粧水をふりかけ、十分にコットンを濡らします。

コットンがしたたるぐらい化粧水を含んだら、利き手の指にコットンを持ち替え、軽く抑えるようにパッティング開始。

付け方は顔の内側から少しずつ外側に向かって、肌に軽く押さえつけていくように馴染ませていくのがポイントです。

皮脂が出やすい額や鼻筋といったTゾーンから、ほおやあご、フェイスラインから首筋まで、丁寧につけていきます。

肌が十分に水分を含んでひんやりと落ち着くまで、続けましょう

手のひらでの付け方

手のひらの場合、使用量の目安は掌の上でおおよそ500円玉を描くぐらいの大きさ。

だいたい化粧水の容器を5~10回振ったくらいで、それぐらいの量になります。2、3回に分けましょう。

次にこぼれないように気をつけながら、化粧水を両手の平全体に伸ばし、パッティング開始。

両方の手のひらで軽く押し込むように肌に馴染ませていきます。

ポイントは大きく円を描くように顔の中心から外側へと広げていくこと。

手のひらで押さえつけるように馴染ませたら、これを二度繰り返します。

お肌が十分に潤ったと感じられるまで、丁寧に繰り返して下さい

関連記事一覧