正しいスキンケアとは?

正しいニキビケアとは一人一人の肌質を考えた丁寧なスキンケアのことです。脂性のオイリー肌と乾燥肌ではベストな洗顔方法もお手入れの仕方も異なります。洗顔・保湿・新陳代謝を考えて最適な方法を探しましょう。

正しいニキビケア=肌質に合うスキンケア

ニキビ対策のための正しいスキンケア方法とはどのようなものなのでしょうか?

にきびは皮膚の病気であり、ただ単に乾燥させれば治るというものではありません。

二キビケアはお肌の新陳代謝(ターンオーバー)を促す日常生活からのスキンケア。

一人一人の肌質にあったスキンケアこそが、正しいニキビケアなのです。

 正しいスキンケアが肌全体のニキビケアに繋がる

ニキビに特化しているからと言って、「二キピケア」は別に特別なものではありません。

自分の肌質にあったスキンケアをすることが大切です。

正しい知識で、お肌にあったスキンケアを心がけていれば、ニキビは自然とできにくくなります。

新陳代謝を重ねていけば、ニキビ跡のシミもじょじょに薄くなり、肌もキレイになっていきます。

正しいスキンケアを重ねることが、遠回りでも最も早い二キビケアになる、と言えます。

正しいスキンケアの考え方

  1. 「洗顔」をきちんとして、汚れを落とす。
  2. 「保湿」をきちんとして、水分を保つ。
  3. 「新陳代謝」を促して、肌を活性化する。

正しいスキンケアの考え方はこの3つ。

洗顔で汚れを落とし、ニキビが出来る原因である古い角質や余分な皮脂、肌の汚れを取り除きます。

次に化粧水や乳液、オールインワンジェルなどで、紫外線や日光からお肌を保護し、潤いを保ちます。

最後に新陳代謝を促すために、ビタミンC誘導体を導入したり、生活態度の改善で、お肌をストレスから守ります。

この3つの考え方を基本として、美しい肌を取り戻していきましょう。

肌質にあったニキビケアを心がける

もちろん乾燥肌と脂性のオイリー肌ではスキンケアの方法や注意点は異なります。

※このホームページでは特に管理人と同じオイリー肌を意識して基本の文章を書いています。

しかし乾燥肌には乾燥肌なりの、歳を取った肌には老化した肌なりの最適な方法があるはずです。

私にあった方法が、誰にでも合うわけではなく、むしろ人の数だけ最適な方法があるのです。

スキンケアの基本的な考え方を軸に、プロと相談しながら自分にあったニキビケアを見つけましょう。

関連記事一覧